NothLand Official Blog

NorthLandのちょっとしたエピソード、北国の季節の めぐりや南国のストーリーを時々お届けしています。


革漉き機


前回はバッグの製造過程をご紹介しました。

今回は革製品の製造に欠かせない道具、革漉き機をご説明します。

なかなか見慣れない機械かもしれませんが、

革漉き機はノースランドの仕事になくてはならない道具です。

ノースランドではこの革漉き機を10年以上使用しています。

では、革漉き機はいったい何をする道具なのでしょうか?

その名の通り革を漉く機械です。つまり革を薄くするのです。

1枚の革は厚さ約1,4ミリで納品されます。

そのままの厚さですと折り返しや合わせ縫いをする場所が分厚くなってしまいます。

それで、革漉き機を使って薄くしたいところを好きな厚さにすることができます。

この写真にある丸い刃が回転するところに革を通すと薄く漉くことができます。

実際に漉いてみましょう。

このように薄い直線になりました。

これで折り返しや重ね縫いをする部分がちょうど良い厚さになりました。

ノースランドにとって革漉き機は非常に便利な相棒です。


2017/4/25


バッグができるまで パート2


前回に引き続きバッグの製造過程をご紹介します。

この前はふたの部分が出来上がりました。

この写真は前の隠しマグネット位置、ポケット部分です。

丸くしるしのついている位置に穴をあけマグネットを縫い付けます。

下の革はバッグのマチの革。2枚合わせて縫います。

マグネットを縫った後は裏返し糸の処理をします。

ほどけないように裏から糸を引っ張りテープで固定します。


前が出来上がると、ふたと後ろのポケット部分を芯と一緒に縫っていきます。

次にふたと後ろのポケット部分をマチと縫い合わせていきます。

平面だった作業が立体的になってきました。

反対側もマチと縫い付けるとバッグの表部分の完成です。

このようにかなり大まかに説明しましたが実際に作ると結構時間がかかります。

ここまでできるのにざっと4時間というところでしょうか。

でも、だいぶできてきました。あとは、ひっくり返して中身を作って完成です。


2017/4/15


バッグができるまで


ノースランドでは毎日様々な製品を製造しています。

メンズ、レディースバッグまた聖書カバーなど。

今日は最近販売開始したショルダーバッグの製造過程をほんの少しご紹介致します。

これは前ぶたのポケット部分。

まずはファスナーをつける場所に切り込みを入れ両側に折りファスナーを両面テープで仮止めします。



裏返してみました。

黒い部分は革の裏に貼っているスポンジ。ボリューム感と柔らかい肌触りがでます。

そして、ファスナーの下にある白いのはポケット部分の強度を出すために欠かせない芯。

このファスナーに裏地を張ってからミシン縫いをしていきます。

裏地をカット。

そしてミシン掛け。

ここは腕の見せ所。長年培った感覚と技術で丁寧に仕上げます。

ふたのポケット部分が出来上がりました。

一枚の革から立体的なバッグになっていく過程は面白いですね。

製造過程は次回に続きます。お楽しみに!



2017/4/12


New Lady's Bag NR-004



メンズバッグに加え、新作レディースバッグ

丸くかわいらしいデザインに仕上がりました。

フロント部分の模様はきれいな葉っぱをイメージ。

でも、このバッグどこかで見たことある形?

そうです、試作品を作ってこのブログで説明したあのバッグです。



よく見ると試作品とは模様が変わっています。

いろいろ試して、センスの良い模様を丁寧に作り上げた作品です。



2017/4/6


新作!縦型ショルダーバッグ


ノースランドオリジナル新型スマートショルダーバッグ。

試行錯誤を重ねてやっと完成しました。

試作品を作り実際に使ってみて

使いやすさ、改良点などスタッフで話し合いながら完成しました。

さて、スタッフが実際に使った感想ですが、

思った以上に軽量、コンパクトのため、バッグを持っているということを気にすることなく使用できました。

中のスペースはiPad,雑誌ホルダーなど普通の大きさのバッグ同様、必要なものがすべて入ります。


そして、大きな特徴はフロント部分の2つのファスナー付きポケット。

ふたを開けなくても外から取り出せるので大変便利。

すぐに取り出したいメモ用紙、スマートフォン、家の鍵など、さっと取り出せます。

使うのが楽しくなる。そんなバッグに仕上がりました。



2017/3/29


白鳥


以前は白鳥飛来地として有名な十勝川温泉

でも、台風や環境の変化などで今は1羽もいません。

白鳥はいったいどこに?



いました!?

畑の中で作物を食べています。(農家の方にとっては困りもののようです。)

灰色の子供も一緒です。

あっ! ここにもいました。

お菓子作りの好きなスタッフ作のシュークリーム!!

では、いただきます。


2017/3/27


かまくら作り

北海道もだんだんと温かくなってきました。

もうすぐ春ですが、今年の冬はかまくら作りに挑戦しました。

ここから車で1時間半ほどのところに然別湖という湖があります。

毎年冬になると湖には厚い氷が張り氷上にイグルーが作成されます。

このように細部まで丁寧に作られています。


イグルーの中は暖かく外の吹きすさぶ風から守ってくれます。

きれいなイグルーを見ると自分でもかまくらを作ろうという気分になってきます。

家の周りの雪を集め山にし、時々水をかけ固くしていきます。

何日か待った後、中を掘りぬいていきます。

ついに完成しました!

イグルーほどきれいにはいきませんでしたが、

中は広く大人4人が入れる大きさになり、

みんなで、カップラーメンを食べました。

かまくら作りは子供だけでなく大人も楽しめます。

 

2017/3/21


ジュエリーアイス

家から車で1時間ほどいったところにある豊頃町大津の海。

夏はサケ釣りでにぎわい、また寒い冬は海岸にたくさんの氷が打ち上げられます。

これは川から流れてくる氷が海まで旅をして、

砂浜に到着する有名なジュエリーアイスです。

まるで宝石のような輝き、透明度です。

写真は日中の氷ですが、朝日が昇る時間に見ると太陽の光が反射して本当にきれいです。

寒い冬でも美しい自然を楽しめます。

北海道は自然の宝庫です。 


2017/3/6


北海道の冬 パート2

北海道の冬といえば有名な札幌の雪まつりです。

北海道に住んでかなり年数がたちますが、今回はじめて行ってきました。


近くで見ると細部まで細かく正確に出来ています。

本物そっくりですね。

そして、雪まつりの後は旭川にある旭山動物園に行ってペンギンの散歩を見てきました。

小さいペンギンの歩いてる姿は本当にかわいいです。

やっぱりペンギンには冬の雪がお似合いです。



2017/2/27


バッグの見本作り



まず最初に図案を考え(一番悩むところです)、

今回はチューリップで



型紙を作り合皮で実際に作ってみます。

こんな感じになりました。

本当に楽しい作業です。

これから、本革で細部までしっかりと作る予定です。



2017/2/15


北海道の冬


今、北海道は真冬の真っただ中です。

今年は例年になく寒い日が続いています。

朝はマイナス20度になることもしばしは。

でも、こういう寒い中でも冬の楽しみを満喫できます。

例えば

こういう海で魚釣り

久しぶりに行ってきました。

車で1時間ほどの港。

到着して釣り糸を垂らしていると釣れはじめました!

チカが何匹も


釣った魚はその場でてんぷらにして食べました。

自分で釣った新鮮な魚を食べる。

美味しいですね!

自然の恵みに感動と感謝です。



2017/1/28


Northland site リニューアル記念プレゼント

ノースランドのサイトが先週より新しくなりました。

使いやすさはどうでしょうか?

サイトリニューアルに伴い様々な割引き商品や20,000円以上送料サービス、

そして先着100名様にプレゼントが用意されています。

さて、そのプレゼントはいったい何でしょう?

いろいろスタッフでアイデアを出し合い見つけました。

そう、だれでもあるとうれしいボールペンです。

でもただのボールペンじゃつまらない。

というわけで、聖句を英語で入れてみました。

こんな感じです。


どうでしょう?

先着100名様です。

お早めに!


2017/1/23


New Site:northland422.com

ノースランドの新しいサイトがついに出来上がりました。

では、具体的に何がどう変わったのでしょうか?

まず、変わったのはドメイン名が northland422.com になりました。

わかりやすく覚えやすい名前です。

さらに新たにショッピングカートやクレジット決済機能が付きました。

これまでは注文するには気に入った商品を覚えて又はメモして

それから、注文フォームまで行かなければなりませんでしたが

これからは、欲しい商品を同じページから「カートに入れる」をクリックするだけで注文できます。

また、数多くあるカード決済サービスも世界中で信頼されているPaypalを選びました。

安心、安全にお買い物をお楽しみ頂けます。

これから随時新しい商品やブログを更新していきます。

ご期待ください!

2017/1/13


New Bags

メンズバッグを現在試作中です。

使いやすく、なおかつかっこいいメンズバッグ

耐久性がありどこでも持ち歩けるバッグ

旅行や仕事に大活躍してくれるセンスの良いメンズバッグ

もうすぐ出来上がります。

価格を抑えつつ、でも中身は良い材料と長年培った技術をふんだんに駆使して。

ご期待ください!

シックでおしゃれなダークブラウンもいいし、大人のブラックもいい。

センスの良い色を数色スタッフと検討中です。

2017/1/4


New Color。

集会ワークブック、雑誌、ブロシュアーホルダーについに新色登場!!

奉仕や集会で分類するのに便利と、人気の雑誌ホルダー。

よりお客様の好みに合わせられるよう、新たに2色が仲間入り。 

今回スタッフで検討したのは明るく爽やかな色です。

透き通るような青い熱帯の海をイメージした明るいブルー、

そして、華やかで明るいイメージのレッドです。

用途に応じてホルダーを色分けしてお使いするのもお勧めです。


例えば集会ではワークブック用にシックな感じ、奉仕には元気が出る明るい色など便利に大活躍してくれます。

来月からのノースランドの新ホームページから早速ご注文頂けます 。



2016/12/14


Pao de queijo。

ブラジルでポピュラーなポンデケージョ。

家庭でもよく作られています。

甘くなくチーズ味でモチモチ。

ヒミツはタピオカ粉。

キャッサバ芋から作られています。

甘いコーヒーと一緒に食べるととてもおいしい。

ブラジルでは朝たくさんコーヒーを入れてポットに入れておきます。いつでも飲めるように。

レストランではコーヒーが無料なところも。さすがコーヒーの国ですね。



2016/11/29


Two New Faces。


NorthLandから久しぶりの新製品。

本革のファスナー付き聖書カバーと、

ビニールの聖書カバー。



これまでの聖書カバーと同じような...

ん?

よく見るとサイドが

変わっています。

より強度を高めたダブルステッチ。

そして

ファスナーの色も同色になって、

革に溶け込んでいます。

金属ファスナーから樹脂製のコイルファスナーに仕様変更しました。

樹脂ファスナーは軽くて耐久性があり、

カラーも革に合わせることができます。

金属ファスナーは使っていくうちに歯がすり減り、かみ合わせが悪くなるという欠点もありました。

新しいデザインの聖書に合わせた

新しいカラーと新しい素材。

一から設計し直した新作です。




そしてビニールカバー。

これまでのクリアタイプではなく

マットな艶消しビニールを採用しました。

新しい聖書のあのきれいな表紙を隠したくない、

でもビニールカバーは安っぽくなってしまう...

そんな思いで見つけた新素材。

さらっとマットでスモークなビニールは高級感があります。

コーナーの仕上げにもこだわりました。

素材が変わったため値段はこれまでのものより少し高めになってしまいましたが、

大切な聖書を上品に守ってくれます。

本革とビニール。

2タイプの新しいカバー。

現在出版されている2013年版聖書のうちタイ語以外の全ての言語に対応しています。



2016/11/5


Antique。


同じ町に住むそのおじいさんは足が悪くて歩くのが大変そうでした。

目も悪いそうでお医者さんに通っています。

でもある時、

お茶に呼んでくれたら、

意外なことに

若い頃カメラに夢中でロシア中を旅した行動派だったことがわかりました。

カメラがとても高価だった時代に給料をつぎ込んで

カメラをたくさん買ったそうです。


ドイツやロシアのアンティークなカメラが部屋の奥にたくさん眠っています。

1920年代のドイツのものからソ連時代のロシア製機まで


もちろん現像は自分で暗室を作って行っていました。



フィルムカメラだけでなくその当時すでにビデオカメラまで。

ずっしりと重いこのカメラを担いであっちこっちを旅したそうです。

山に登ったり、

高い高い工場の煙突をよじ登って町の様子を記録したり。

若い頃の冒険話を熱く語っていました。

また元気に旅をして撮影できる日を楽しみにしています。



2016/4/16


避暑地。



秋が少しづつ近づいて来たとはいえ、まだまだ暑い日もあります...

そこで、少しでも涼しくなるような場所へご案内しましょう。

ひんやりと涼しくなれるところと言えば、 滝です。

どうせ行くなら世界最大の滝がいいですね。

おすすめは南米にある「イグアスの滝」。

ブラジルとアルゼンチンにまたがるこの滝は世界最大の滝と言われています。

滝は一つだけではなく幾つもの滝が互いに重なりあっていて、まさに圧巻です。

一番落差のあるところは、霧で人の姿が見えないほど… 

マイナスイオンと水しぶきを存分に浴びることが出来ます。

暑い夏には最高の避暑地です。


※季節によって水が濁りやすい時期ときれいな時期あります。乾季は比較的水が綺麗です。


地球のパワーを感じます。



この迫力。

いったいどこからこんなにたくさんの水が...

もし南米に行くチャンスがあったら、ぜひ行ってみてください。 

見る価値があります。


2015/9/4


About us

We are making and selling Leather book Cover and bags.

Also we selling Synthetic leather Covers and transparent plastic covers.

Our prices are all inclusive of tax.

Shipped orders are accepted 24 hours Internet contact, email replies is the business hours (Monday-Friday 9:00 - 17:00) only supports.