NothLand Official Blog

NorthLandのちょっとしたエピソード、北国の季節の めぐりや南国のストーリーを時々お届けしています。


 

Something new。

このNorthLandのサイトの商品ページに新たな写真。

商品を実際に使った時のイメージが沸くようにモデルを使った写真を載せました。



今回撮ったのは聖書カバー、合成皮革カバー、パンフレットケースの写真。

家の中で、外で、使ってみるとこんな感じかな。

少しイメージしやすくなりました。



その他の商品もこれから少しづつ追加していきます。

2014/11/16


 

 

Late Autumn。

急にぐんと冷えた朝。

見上げると、

最後の数枚。

「昨日の雨に持ちこたえたか~」。

まだ枝を離れたくないようです。


足元にはすでに落ちた葉の上に

霜が下りてます。

森も冬ごもりの準備。

「晩秋」ですね。


雪景色になるまでの間、

寒さを特に感じる季節です...

2014/11/7


 

革の話。



「本革」。

いい響きです。

でも一口に本革と言ってもたくさんの種類があります。

まず何の動物の革か。

牛、豚、羊、馬、鹿、カンガルー、ワニ、ヘビ、サメ...

たいていの「革製品」は牛革を使用しています。

NorthLandで使用しているのもほとんどが牛革です。

でも同じ牛革でも年齢、雄か雌かによって呼び名が変わってきます。

そしてなめし方、仕上げ方法の違いでさらにまったく違う表情になります。

なめし方は主に2種類。

植物のタンニンなめしと薬品のクロームなめし...

なにやら向こうで二人の兄弟がカバンを撫でて喜んでいます。

「いい色ですね~」

「いやぁ~だいぶ味わいが出てきましたよ。」

そんなことを話してます。

その鞄の革はきっと「タンニンなめし」の革。

使い込むほどに味わいの深まるワイルドでナチュラルな雰囲気。

キズつきやすいけど芯は強い。大切にしているとずっとそばにいてくれる、「不器用な相棒」。

「タンニンなめし」はそんな革になります。

手間と時間をかけて昔ながらの製法で職人がなめします。

一般にヌメ革と言われるのはこの方法でなめした革です。

日光やクリーム、油分によって深い色合いに経年変化するので自分だけのオリジナルに仕上がり、

愛着がわいてきます。

NorthLandのダレスバッグにも使われています。

「いいものを長く使う」革好きな男性に特に人気のある革です。

タンニンなめしのオイルレザー

おや、すぐそばでは新しく買ったバッグに注目が。

「姉妹、そのバッグ素敵ですね~」

「あらそう?安かったの。それに革だけど軽いのよ」

そのバッグの革はきっとクロームなめしの革。

鮮やかな色あい、やわらかくキズや濡れに強く軽量。

クロームなめしは薬品を使うので短期間でなめすことができ、表面がなめらかでソフトな仕上がりになります。

汚れやキズに強いので普段使いにぴったり。

ほとんどの革製品は加工しやすいこのクロームなめしの革で製造されています。

NorthLandの聖書カバーのシュリンクレザー、ミンクルレザーはこのなめし方法です。

経年変化はあまりしないので味わい深く育てる楽しみはありませんが、鮮やかな色合いを長く楽しめます。

「だれからも好かれる優等生」

そんな革です。

クロームなめしのシュリンクレザー。

なめし方で大きく変わる革。

さらにそこから様々な仕上げ方法で異なる表情にします。 スエード、ヌバック、オイルレザー...奥が深いですね。

そんな仕上げ方法についてはまた別の機会にお伝えします。


2014/11/4


 

お知らせ。

新製品と製造中止。

以前にブログで予告したもうひとつの新型パンフレットホルダー、合成皮革のMT-4。

販売開始。

スマートに持ち歩ける4ポケットのすっきりとしたデザイン。

色もブックカバーと同じ5色から選べます。

価格は税込700円。

まだ写真がそろってないので、製品ページには載ってませんがすでに販売、発送しています。

注文フォームから注文できます。

そしてまもなく製造中止の商品も...

ブロシュア用CP-5が在庫のみ販売になりました。

今後はブロシュアには大型書籍用CP-6(証しの本サイズ)を兼用販売します。


2014/10/31


 

裁断。

革製品を作るとき一番最初の作業は革の裁断。まずはパーツを揃えます。

昔は型紙を当てて線を引いて、革刀(かわとう)を使って手でカットしていました。

それから注文が増えてくるとより正確に量産できるよう抜き型を使って抜くようになりました。

でも木づちを使って力いっぱい抜き型をたたいて厚い革を抜くのは大変な作業でした。

picture

そんな肉体労働の歴史に幕が。

10年ほど前、ついに油圧式クリッカー裁断機が導入されました。

16トンの油圧プレスでばっさりと裁断してくれます。

埼玉県の会社からトラックで北海道まで運ばれて来ました。

1300kgと人が持つにはちょっと重い。

ということでクレーンを使って吊り上げ、工房の中に引き入れました。

これで作業効率がぐんと上がり、鞄、カバーに必要なパーツがあっという間に揃います。

「カンカンカンカン」

工房の片隅で響いていた大きな甲高い音が、

「ウィーン ドスン」

と静かで低い音に変わり

作業中に流れているBGMがよく聞こえるようになりました。

革工房で使用しているいろんな機械、道具。

一般的なものから特殊なものまで。

機会があればまたご紹介します。

2014/10/25


 

Gulbė。

一雨ごとに季節が進んでいく秋。

picture

そろそろ来るかな。

吐く息が白くなって、畑も道路も白くなって、そんな季節にぴったりな白い鳥。

北海道の冬には白鳥。

でも寒い東欧、北欧ではちょっとイメージが違う...

だって一年中いるから。

「冬の鳥」じゃないんです。

リトアニア語で白鳥は「Gulbė」。(グリュべ)

湖や川でよく見かけます。

温暖化で冬も南に渡らなくなったみたいです。

ちなみに...

オーストラリアに生息する白鳥の中には真っ黒な「コクチョウ」という種類もいるらしい。

真っ黒な白鳥...

一度見てみたいですね。

2014/10/17


 

 

Tablet。

最近急によく使うようになったIPadなどのタブレット。

隣に座ってる人も前に座ってるあの人までいつの間にか持ってる!

確かに使ってみるともう手放せない。便利ですね。

NorthLandでも打ち合わせ、書類の製作、在庫管理など大活躍しています。

そんな便利なIPadをもっと野外で使いやすく...

いろんなアイデアが浮かんでいます。

雑誌、出版物とIpadをひとつにまとめられたら...

鞄から取り出さなくてもすぐに見せられるようにいつも手に持って歩けたら...

じゃあ肩から下げたらさっと見せられるんじゃないか...

できるだけ軽い方がいいし...

アイデアスケッチ、試作...

まだまだ試行錯誤が続いてます。

picture

うーん...

悩みます...

2014/10/9


 

リトアニアの田舎町


すっきりとした秋の空。

色づき始めた街路樹。

picture

こんなのどかな町を

歩いていると数軒おきに立っている、ある物。

picture


箱?

機能性を考えたデザイン、

錆びと消えかけてる文字が醸し出すノスタルジックな雰囲気。

これは何?

すこし離れて見ると...

picture

フェンスに取り付けられています。 

そう、ポストです。

集合住宅のようにまとめられています。

今でも使われています。

ここは荷物が届くと紙切れが入っていてそれを持って郵便局で受け取る仕組み。

だからこんなポストで十分。

ふとしたところにロシア時代のなごりが見られます


2014/10/4


 

もうひとつ。

 

picture

パンフレットホルダー第三弾。

1ポケットのクリアホルダー、10枚分類できるPP素材のホルダーケースに続いてもうひとつのホルダーを作りました。

今回は合成皮革の4ポケット。数種類を薄くスマートに持ち歩きたい方へ。

色はブックカバーと同じ5色から選べます。

ブックカバーと同色でそろえることもできますね。

ポケットだからパッと開いても落ちにくい。

販売開始はもう少しだけお待ちください。


2014/10/2


 

 

ついに。

 

picture

新しいパンフレットホルダー販売開始。

マットなスモークグレー。落ち着いたいい色ですね。

開けてみると「なるほど」。アイデアが光る一品。

使うのが楽しみです。

2014/9/26


 

きのこ狩り

秋の味覚。

秋味、秋刀魚、マツタケ、かぼちゃ、さつまいも…

もうあっという間にそんな楽しみな季節


ヨーロッパの秋の味覚といえば...

picture

きのこ。

ヨーロッパではきのこ狩りが人気です。

今日はきのこ狩りのおすそ分けをいただきました。

どうやって食べようか...


picture


ここは、オリーブオイルとにんにく。

なんでも美味しくなる不思議な組み合わせ。

picture

シンプルだけど止まらない美味しさ。 

きのこのオリーブオイルソテー。


2014/9/19


 

Soon.

picture

新型パンフレットホルダー。

picture


10月販売開始。



2014/9/16


 

ブックレット

NorthLandのちょっとした新商品。

picture

よく見ると3冊。

でもつながってる。


透明ビニールカバーにちょっと一工夫加えて、

3冊の冊子をまとめられるこんなカバー作ってみました。

picture


薄くていつも持ち歩いてる、でも急に必要な時にカバンの中で行方不明。

そんな冊子類はまとめておくと便利。

すぐに取り出してページをめくれます。

数量限定の特価品。 ビニールカバーのページで ご覧ください。



2014/9/12


 

リトアニアリネンのトートバッグ

東欧リトアニアから数量限定の商品入荷。

リトアニアリネン100%のトートバッグです。

ざっくりとした風合いのリネン(麻)。

厚手で丈夫な生地は普段使いにぴったり。

色は2色。 ラズベリーとライトブルー。

どちらもスモーキーな落ち着いた色です。

picture

ラズベリー

picture

ライトブルー(売り切れ)

picture

形は約40cm角の正方形。 浅めの底マチ。

ブログだけの限定販売なので、購入されたい方は注文フォームの「追加注文」の欄に「トートバッグ」と記入して色を指定してください。

 価格は700円。

 

 

新商品 その2

NorthLandの新商品開発。

まずはプラスチックを使ったホルダー。

何日も何週間も、

切ったり貼ったりを繰り返し...

試行錯誤の連続。

「シンプルなものほど難しい。」

picture

デザイン、使い勝手、コスト。

悩みどころです。


picture


でもやっと形が決まりました。

来月の中ごろには商品化できそうです。

picture

 パンフレットを分類して入れられるホルダー。

分類しやすく、取り出しやすく。

お楽しみに。 


2014/8/31


 

チェブレキ

ビールのおいしい季節。

すっきりライト系のこんなビールはいかが?

そして今日は最高にビールに合うおつまみも。

picture

それはロシア料理のチェブレキ。

日本ではピロシキのように知られていないけれど 、

ずっと簡単にできて味も文句なし!

ロシアや東欧で必ず見かける人気のスナック。

イメージは大きな揚げ餃子。

そりゃあ美味しいに決まってる。

picture

作り方

①小麦粉と牛乳または水、塩を混ぜて生地を作る。

②好きな挽き肉、玉ねぎ、塩コショウでたねを作る

③少し生地を置いてなじませてから、麺棒で直径20cmほどの円に薄く延ばす。

④生地にたねを薄く延ばして、半分に折ってフォークで端を押さえる。

⑤油で揚げる。


大雑把でOK。 あつあつをビールと一緒に。


2014/8/24


 

夏の空


「きれいな雲。」

「暑い季節になってきた。」

「夕立が来るな。」

もくもくと、もこもことした大きな白いかたまりが上ってくる。


picture

 

picture

 「もうそろそろ入道雲も見れなくなるかな」


北国の短い夏。


2014/8/18


 

 

新商品 その1

現在NorthLandでは新商品の開発が着々と進んでいます。

バッグ、ホルダー、ケースなど。。。

素材も革、プラスチック、合成皮革。

どんな商品が登場するのか。。。

picture


設計図を起こして、

サンプルを作って、

切ったり貼ったり削ったり。


お楽しみに。

2014/8/11


 

カフェ

picture

picture

十勝平野の真ん中でちょっと寄り道。

ウッドデッキを気持ちよく踏んで

涼しい店内に入ると

夏にぴったりのスムージーのお店。

クラッシュアイスとフルーツをミキサーで砕いてから

タピオカと生クリーム。

夏はごくごくと飲むビールも、

溶けないうちに急いで食べるソフトクリームもいいけど、

ゆっくりのんびりと飲める冷たいスムージーもいい。

休日の午後にぴったりな飲み物だ。


picture

 ベリーとパイナップル。 暑さが厳しい時はさっぱり系。 


2014/8/8


 

縫い糸

picture

単純なもの。

当たり前なもの。

気にしないもの。

でも職人にとって糸はとても気を使うもの。

メーカー、色、材質、太さ。

その鞄にぴったりな糸を見つけるまで何度も試し縫いを繰り返します。

それから、

縫い目の幅、引き糸の強さ、上糸と下糸のバランス。

また調整と試し縫いの繰り返し。


 

picture

「うん、やっときまった…。」

縫った糸のまっすぐな線を何度もながめて満足感に浸っています。 

2014/8/3


 

Ryga

ゆっくりとした時の流れを感じる、中世ヨーロッパの魅力たっぷりの街。

picture

 

picture

 

picture

Ryga(リガ)-Latvia 
どこを切り取っても絵になる素敵な街並みです。石畳の路地をのんびりと歩きながら見つけたカフェで一息。
なんだか憧れますね。
時々ヨーロッパの旅の魅力をお届けします。

2014/7/29


 

リトアニアリネン

picture

 

picture

リトアニアリネン。
東欧バルト三国のひとつ、リトアニアはリネン(麻)の一大産地。 
丈夫で吸水、速乾性のあるリネンはヨーロッパではキッチンや寝室でよく使われています。素朴な風合いが魅力です。

2014/7/25


 

ランチ

picture

冷たい麦茶を注いで、

picture

 ナンを焼いて、

picture

 辛口カレーを食べる。


夏はまだまだ続きます。
2014/7/21


 

青、白、緑

picture

 

picture

 

picture

 

さわやかな北国の夏。
木陰の風が優しく通り過ぎていきます。
2014/7/17


 

 

リニューアル

picture

 

picture

 

picture

 

一から作り直したホームページ。勉強しながら作ってみました。難しいですね。これから少しずつ改良していきたいと思います。 
2014/7/15


About us

革製ブックカバー、バッグを製作、販売しています。

合成皮革、透明ビニールを使ったブックカバー、ホルダーなども扱って います。

当サイトの商品価格はすべて税込み表示です。

ご 注文はインターネットから24時間受け付けて いますが、発送、お問い合わせ、 メール返信は営業時間内(月~金 9:00-17:00)のみ対応しています