NothLand Official Blog

NorthLandのちょっとしたエピソード、北国の季節の めぐりや南国のストーリーを時々お届けしています。


レトロ

ブラジルの街を歩いていると見つけました。

懐かしい!

昔はよく使いましたね。

いったいこれは何?


大きな傘みたいで、雨宿りできそうですが、

正面を見てみると、

公衆電話でした。

携帯電話の普及とともに

今ではほとんど見なくなりました。


ブラジル在住のスタッフが初めてブラジルに来たときは

携帯電話もそれほど普及しておらず、

テレホンカードを買ってよく電話したものです。


公衆電話を見て、

語学を覚えるのに必死だった過去を思い出しました。



2022/8/8


鉄のアート

ブラジルの道をドライブしていると面白いものを見つけました。

ロボットがハンバーガーを手に持っています。

今にも食べそう。


近くを見てみるとさらにワニ!

どうやらいらなくなった鉄金属で作ったアートみたいです。


説明文を読んでみると,,,,,こんな感じのことが書かれています。

彼はいつも溶接屋として働き、友人同士の遊びでオートバイのチェーンワニを作りました。

誰もがこの芸術作品を気に入り、そこから注文が出始め、馬を作るというアイデアが浮かび上がり、

それが完成され、予想以上にうまくいきました。

彼のアートは少しずつ広がり、溶接屋の職業は2013年4月以来

終わり、金属彫刻家として働くようになりました。

彼の技術は、鉄くずを芸術や等身大の彫刻に変えることで、

市場に変化をもたらし、自然を汚染から守ることです。

なるほど。

面白いアイデアですね。



2022/8/1


ココナッツ

ここブラジルではこのようなココナッツの木や実はどこでもよく見かけます。

ココナッツの実はいろいろな用途に利用できます。

暑い夏は家や海で冷たいココナッツの実の中にある水を飲むことができます。

ココナッツを飲み終えたら中を開けて白い部分を食べることもできます。

写真のように緑のココナッツでは実の中はゼリー状ですっきりとした味わい。

時間が経つとゼリー状だった中身は乾燥しケーキや甘いものに使われます。

それだけでなく、実の外側の部分はなんと様々な手芸にも使われます。

このようにココナッツはただ飲むだけでなくすべての部分を有効利用できます。

ブラジルでは一つのココナッツの実は日本円で約30円ぐらい。

みなさんはココナッツの実を飲んだり食べたことはありますか?


2022/7/24


野の花

週に1、2回近くの丘に1時間程ウォーキングに出かけます。(標高差70メートル)

この時期楽しみなのがかわいい野の花達に会えること‼︎



ウオーキングの終わりに道端の桑の実をつまんで帰ります。

目も心もちょっぴりお腹も満足の1時間です。

2022/7/18


ブラジル

大きく美しい国、南米ブラジル。

ブラジルの上から下まで計ってみるとなんと4,000km以上。

それだけスケールの大きい国なので、

同じ国でも料理、方言、文化、景色、気候が違ってきます。

美しい海や山、太陽が照り付ける真夏、そして南に行くと寒い冬を体験できます。

たいていのブラジル人は陽気で明るい人が多いです。

夜になると火を囲みながらギターを弾いて面白い話を聞くのが好きなブラジル人。

そんな陽気な国ブラジルの景色を写真でお楽しみ下さい。


2022/7/11


マーケット

サンパウロで1番大きな市場に行ってみました。

とにかく大きく肉からフルーツまでなんでも買うことができます。

精肉コーナーにはなんと豚や羊が丸々1匹売られています。

魚介類も何でも売られていてサーモンやマグロなど

刺身にできるような新鮮な魚も手に入ります。

フルーツコーナーはいままで見たことのないようなフルーツがたくさん。

試食もたくさんあり何も買わなくても楽しむことができます。


2022/6/25


ワニ肉

今日は日本ではなかなか食べることのできない

貴重なワニの肉を食べる機会があったのでご紹介します。

1年のうちでも狩猟期間のみ食べることのできるワニ肉。

ここパラグアイでも貴重でなかなか手に入りません。

今回は特別に猟師の方にワニの煮込みをご馳走になりました。

材料はワニ肉、玉ねぎ、トマト、ピーマン、

オレガノ、ローレルなどのハーブ類と塩。

野菜は細かくみじん切りにし、ワニ肉はぶつ切りにします。

全ての食材を炒めてから水を入れて煮込むこと2時間。

ワニ肉の煮込みの完成です。


初めて食べるワニ肉 どんな味でしょうか?

切ってみると色は鶏むね肉のような白い淡白な色をしています。

味は意外にも何のクセもありません。鶏むね肉のような味ですが、

パサパサしておらず豚肉のようなもっちりとしたジューシーさがあります。

もう少しクセのある味かと思っていたので意外でした。

とても美味しく3杯もおかわりしてしまいました。



2022/6/13


グレープフルーツ

スーパーで売られているグレープフルーツはどのようにして育つのでしょうか?

パラグアイにはたくさんのグレープフルーツの木があります。

これから冬になる南半球ではいまがグレープフルーツの旬の時期です。

グレープフルーツは一本の木にたくさんの実がなります。

木の高さは2mから大きいもので5m以上の高さのものもあります。

取りたてのグレープフルーツでジュースにしてみましょう。

苦味の原因になる皮を最初に剥いて搾ると美味しいジュースになります。

水を入れて砂糖を入れておいしいグレープフルーツジュースの完成です。




2022/6/6


マカダミアナッツのヌテラ

今日はマカダミアナッツがたくさん手に入ったので

ヌテラを作ってみたいと思います。

本物のヌテラはヘーゼルナッツで作りますが、

マカダミアナッツバージョンのヌテラはどんな味でしょうか?


まずマカダミアナッツをフライパンで軽くトーストします。


そのあと粗熱をとりミキサーに入れて細かくします。

そこにカカオ70%のチョコレート、牛乳、サラダ油を入れて混ぜます。

チョコレートがうまく溶けないのでフライパンで

もう一度温めてそこに砂糖と塩を少し入れて混ぜて完成です。

パンに塗って食べてみるとヌテラと同じではありませんが、

マカダミアナッツチョコレート味のヌテラになりました。




2022/5/21


月食

昨日はパラグアイで月食を見ることができました。

徐々に見えなくなり最後には赤く光る月。

その写真をご覧ください。




2022/5/17


スーパーマーケット

今日は地元のスーパーの一部を紹介します。

まずは精肉コーナー。

日本では薄切りの肉がパックに入って売られていますが、

南米では一般的に店員さんに切ってもらいます。

慣れないうちは肉の部位の名前が分からなくて注文するのも大変でした。

こちらは肉の値段が日本の5〜10分の1のため、みんなキロ単位で買っていきます。

逆に値段が高いのが魚。

日本ではそれほど高くない鮭はこちらでは肉より高く高級食材。

さらにドラードという魚も売られていましたが、

大きさが10キロ以上のため値段も日本円で1万円ほど。

スパイスなどは小さな袋に小分けになって売られています。

値段は50円から100円ほど。

スーパーはそれぞれの国の違いが見え面白いですね。


2022/4/25


釣り

今日は久しぶりに友達と近くのダム湖に釣りに行ってきました。

去年は水不足のためかなり水位が下がりましたが、

今年に入ってから雨の日も増え水位も少しずつ戻ってきました。

日本ではエサやルアーなどで釣りますが、

パラグアイではなんとトウモロコシやキャッサバイモなどの野菜で釣りをします。

初めて知った時はビックリ。

今回はティラピアという白身魚が数匹釣れました。

ただしサイズが小さかったのでまたリベンジしようと思います。

久しぶりに大自然を満喫しました。



2022/4/20


旅行

パンデミックが始まって以降中々海外旅行には行けませんが、

久しぶりに旅行気分を味わいたいということで以前に撮った写真を見てみましょう。

色々な写真を撮っていますが、やっぱり飛行機から撮る写真は特別です。

最近の飛行機にはたくさんのカメラがついていて

自分の座席からだけではなくいろいろな角度からの映像を見ることができます。

例えば後ろの羽についているカメラからの映像や

タイヤが出るところについてカメラからの映像など様々。

この写真はブラジルのサンパウロにつく時の写真。

さすが南米一の首都。

どこを見ても建物ばかり。

でも建物の色が日本と違い茶色なのが面白いですね。



2022/4/13


釣り

久しぶりに南米パラグアイでの釣りに行ってみたいと思います。

バイクでしばらく走りその後大きな川に着きました。

ここはパラグアイとアルゼンチンとの国境の川。

目の前に島がありその後ろはもうアルゼンチン。

竿を出して餌をセットして...

しばらくすると長さ100m近い大きな船が現れました。

海のない国パラグアイでもこうして船でたくさんの貨物が運ばれています。

すると竿に反応がありました。

タイミングを合わせて釣ってみると...

小さな小魚、こちらではバグレと呼ばれています。

小さいですが、ヒレの先端が鋭く手を切れることが多いので慎重に外します。 

あまりにも小さいので逃してあげました。

結局この日は小さな魚しか釣れず....

綺麗な夕日を見て久しぶりの釣りを楽しみました。




2022/3/23


赤い月


夜8時ごろに外に出てみるときれいな満月。

でもよく見てみるといつもより赤く輝いています。

早速家に戻りカメラと三脚を使って写真撮影。

三脚を広げて、カメラをセットして

ブレないように集中してボタンを押します。

その結果がこちら。

なんとかブレずに撮ることが出来ました。

クレーターまで見ることが出来ます。 

いつかもっとズームのできるレンズで

ギリギリまでズームしてみたいものです。



2022/2/20


雪道の歩き方


冬本番の2月。

日本各地で雪が降ったりする時期ですが、

雪に慣れてない人は突然の雪に戸惑うはず。

北海道人は雪になれているので雪道でも

普通に夏用のスニーカーやヒールでも歩ける“技術”を持っています。 

どうやって歩けば転びにくいのでしょうか?


まず簡単なのはペンギンのようにすり足で小さい歩幅で歩くことです。 

大きな歩幅で歩くと咄嗟に滑った時に簡単転んでしまいます。 


また大事なのは足の裏全体に体重をかけることです。

出来るだけ広い範囲に体重を乗せることでグリップできる範囲を広げることができます。


最後に大事な点として転ぶ時は諦めて転んでしまいましょう。 

無理に転ばないようにすると怪我をする可能性が高くなります。

まだもう少し続く冬。

風邪やコロナ以外の天候の変化にも気を付けて過ごしましょう。


2022/2/10


トマホークステーキ


いま流行りのトマホークステーキをご存知でしょうか?

トマホークとはリブアイと呼ばれる部分の骨つき肉で

赤身と脂のバランスが良いと評判です。

日本で買うと1kg5000円以上することもありますが、

パラグアイではなんと1kg1000円ほど。

今回買った肉は800gで800円ぐらいでした。

人生初のトマホークステーキ。 

ここはじっくりと炭火で焼くことにします。

片面ずつ交互に15分焼いてはひっくり返しを繰り返し1時間後。

ついに焼けました。


切ってみると、とてもきれいな断面。 

味はどうでしょうか?


最高です。とても柔らかく上品な味と骨付き肉のワイルド味が絶妙なバランス。

 

今回はシンプルに塩コショウだけの味付けでしたが、それで十分おいしいです。

いつも買えるわけではありませんが、また機会があれば買ってみます。



骨はそのまま犬達のものに...


2022/1/21


乾燥


日本ではいまは冬ですが、南米ではいま夏真っ盛り。

毎日35℃越えの暑い日が続いていますが、

ここ数年は様子が違います。

パラグアイでは去年も今年も水不足。 

なんと11月中頃から2ヶ月近くも十分な雨が降っていません。

 降っても1-2時間ですぐにやんでしまいます。 

その結果 芝生も作物もカラカラに乾いています。

こんな状態なので火事も所々で起こっています。

雨が多すぎても困るし少なくても困る。 

今年は野菜の値段も上がりそうです。




2022/1/17


南米で日本のものを買い物


近くの街に日本の商品や韓国の商品が

売ってあるお店が新たにできたので行ってみました。

その名もTOKUTOKUYA from JAPAN。

ショッピングモールの中にあるお店で結構な大きさのお店です。

中には日本食や100円ショップで売っているものが売られています。

値段はだいたい日本の2倍。

一般的には他の店では3倍から5倍の値段で

売られていることを考えるとかなりリーズナブルな値段です。

新たにお気に入りのお店を見つけてしまいました。



2022/1/3


過去のブログはこちら。

お時間のある時にご覧ください。



About us

革製ブックカバー、バッグを製作、販売しています。

合成皮革、透明ビニールを使ったブックカバー、ホルダーなども 扱って います。

当サイトの商品価格はすべて税込み表示です。

ご 注文はインターネットから24時間受け付けて いますが、発送、お問い合わせ、 メール返信は営業時間内(月~金 9:00-17:00)のみ対応しています。